お知らせ/参考図書のご案内

一覧に戻る

新装・加筆版『優秀児が生まれる本』

1975(昭和50)年に初版本が発売され、ベストセラーとなった『優秀児が生まれる本』の新装・加筆版が1999年に発売されました。
初版本から24年、この間に栄養科学研究所に記録された「赤ちゃんの数」は2万人を越え、数多くの喜びと感謝の「お便り」が寄せられました。また、この 24年の間に「日本人の食生活」は簡便さを求めて、驚くまでの諸種ミネラルの不足と人工化学物質の添加混入で「赤ちゃんの健康トラブル」、特にアトピー・ アレルギーが激増しています。

これらの実態を踏まえて「妊娠中のトラブル」の項が加筆されました。
主要「目次」は、下記の通りです。

  • 目次1 優秀児への期待

    出生児に対する期待と不安 14p/植物・動物の品種改良 31p/人間改良への夢 43p/ふえてきた先天異常児 58p/妊娠前期に問題がある 75p

  • 目次2 コップン療法と優秀児

    優秀児が生まれる 94p/ミネラル代謝の中枢として 110p/なぜ優秀児が生まれるか 128p/調査と実験 145p/コップン児平均知能指数125 164p

  • 目次3 妊娠するまえがカギ

    遺伝より環境 182p/まず絶食療法の試みを 194p/食生活の全般的な改善を 215p/ついでコップン療法の開始を 230p/計画的健康管理を 244p/妊娠中のトラブル 260p

    加筆項目/骨粗鬆症について 妊婦の貧血と便秘 新生児のアトピー・アレルギー 生まれてからでは遅いのか!?

優秀児出産のために!

藤本武平博士は郷党の先輩であるが、博士の生涯の研究になるコップン療法は、胎児や子供の発達に驚異的な効力のあることを私自身が行った知能発達の調査によってつぶさに知ることができた。それ以来というもの、私はこの方法を妊婦や病弱者にすすめて喜ばれてきている。
著者である蓬田先生とは小田原女子短大の同僚で、また藤本博士との「健康問題」についての良き共同講演者でもあった。藤本博士は九十歳の天寿を全うして先般なくなられたが博士がその生涯の夢と情熱をかけてこられた優秀児出産のための研究の成果を世に問う人として、蓬田先生ほどの適任者はあるまいと考える。

日本女子大学名誉教授・文学博士 児玉 省
(世界での知能テストの開発者)

『優秀児が生まれる本』推薦文より

著者:蓬田康弘 発行所:潮文社、1999年刊、定価1,200円+税

一覧に戻る

ページトップ