Community/よくあるご質問

一覧に戻る

みんなのQ&A

ビタミンDが入っていなくてもいいの?
ビタミンDは日光に当たれば体内で合成されるので大丈夫ですが、マザマローの小麦胚芽にはビタミンDに変化する「プロビタミンD」が含まれています。

カルシウムの吸収や骨の形成にはビタミンDが必要なので心配される方もいるかもしれませんが、マザマローに配合されている小麦胚芽には体内でビタミンDに変化するプロビタミンDが含まれていますし、ビタミンDは日光に当たれば体内で合成されるため、日光に恵まれた日本人の場合はそれほど積極的に摂らなくても大丈夫です。

ビタミンDは、それだけを摂り過ぎるとバランスを崩しカルシウムが吸収され過ぎて、カルシウムの血管沈着などの害が起こる場合があります。栄養はバランスが命です。ビタミンDやビタミンKは国民健康・栄養調査ではほぼ不足は起きていませんので、摂り過ぎには注意が必要です。

ビタミンは、脂に溶けて体内に蓄積される脂溶性のビタミン(A・D・Eなど)と、水に溶けて体内に蓄積出来ない水溶性のビタミン(B群・Cなど)とに分けられ、水溶性のビタミンは摂り過ぎても体の外に出てしまいますが、脂溶性のビタミンを多量に摂り過ぎると蓄積過剰となって、逆に体に害を及ぼしてしまうこともあるのです。

昼が短い季節に北欧やアラスカに長期滞在する方や、トンネル工事などでほとんど日光にあたることが出来ない方を除いて、ビタミンDを積極的に補給する必要はないと思います。

しかし、昨今の一段と強い紫外線の対策などをされておりビタミンDを摂りたい方は、生椎茸を逆さにして1〜2日天日に干せば天然のビタミンDが30倍、葉酸が3倍となり、旨み成分のグアニル酸も増えた美味しい干し椎茸になりますのでお勧めします。






ページトップ