Community/よくあるご質問

一覧に戻る

妊婦さんのQ&A

BSE(狂牛病)がちょっと心配なんですが?
販売当初より、一貫して国産牛を100%使用。
安全な大腿骨のみを限定使用し、国際基準をクリアした滅菌処理を行っておりますので、ご安心ください。

マザマローは、下記のような工程をとっています。

その1
販売当初より、マザマローに使用している牛の骨は100%国内産のものに限定しており、海外産の牛の骨は一切使用しておりません。
その2
EU医薬品審査庁が発表している狂牛病感染の危険性がない安全な大腿骨(後ろ足のモモの骨)を使用しています。
その3
骨の加工工程は、4〜6気圧の圧力と130〜150度の温度で滅菌処理を4回ほど繰り返し、150度以上の乾燥温度で微粉末化され、最後にもう一度、一般滅菌処理をしています。
この加熱高圧滅菌処理方法は、国際獣疫事務局(OIE)が定めている異常プリオン(狂牛病の原因であるタンパク質の一種)を破壊する国際基準を大幅にクリアしています。
国際獣疫事務局(OIE)とは…
OIEは、家畜の伝染病疾病の発生情報を収集して加盟国に提供するとともに、家畜に関する衛生基準を定める国際機関。
また、BSE(狂牛病)に関する安全性については、厚生労働省・農林水産省に確認しております。

このように狂牛病感染の可能性がない牛であること、安全な部位の大腿骨を主原料としていること、病の原因となるプリオンが完全に死滅される処理を常に行って製造しているという3重の安心から、自信をもってお届けしています。

マザマローは研究段階から60年近く経過しているので、その安全性は証明済なのです。

ページトップ